twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
ARCHITECTMADE (アーキテクトメイド) /  Spring

ARCHITECTMADE / Spring

 

シドニーのオペラハウスがなんといっても有名な
デンマークを代表する建築家ヨン・ウッツォン。
そんな大物がデザインしたグラスのSpringは、
バックストーリーも非常に素敵なグラスです。

1949年、ヨン・ウッツォンは研究旅行でニューヨーク
を訪れ、建築家フランク・ロイド・ライトに出会います。
グループディスカッションの最中、
空のグラスを手にしたフランク・ロイド・ライトから
『グラスに最も大切なこととは何か? 』
と尋ねられ、ウッツォンはこう答えたと言います。
『グラスで最も重要なこと、それは中の空間です。』

このストーリーと名前を知っているからなのか、
このグラスで水を飲む時に見える
大きく膨らんだグラスの内側で揺れる水の様子は
山の泉から汲み上げたばかりの湧き水ように
透明感が溢れていて、とても清々しい。
中の空間を最も大切にしたグラス。まさに!
と、そう思えてしまうのだから不思議なものです。

水を飲むにも心地良いグラスですが
『このグラスに最も向いた使い方は何か?』
と聞かれたら、こんな答えとなるのでは。
『最も向いた使いかた、それは今夜の晩酌です。』
実際にデイリーユースの晩酌用、ワイングラス
としての使い方が一番多いと思います。やはり、
お酒を飲むグラスには上品な雰囲気が欲しいと
思うのは誰でもですから。ステムグラスとなれば
その後の洗って拭いての片づけが手間だから、
デイリーユースにはSpringのようなグラスが
実に向いている。そして、このSpringを日々の
晩酌グラスに使うと気分も良いものなのです。
それが、このブランド唯一のアイテムながら
予想以上に人気アイテムとなっている理由でしょう。

サクっと料理を準備して、ワインを空ける。
昼間っから飲んじゃおうぜーってな時には
この少し特別なグラスがいくつか、コロっと
混ざっていると、ちょっと面白くも見えます。
なんて言い方をするとチープに聞こえますが、
Springはポーランドの工場で
マウスブローで作られ、仕上げにフチを綺麗に
研磨する、という手間を掛けて作られているので
物自体にどことなく品があります。

そしてオマケ情報。こんな形をしていながら
スタッキングできます。我家の食器棚も既に
グラスが溢れておりますゆえ
安定してスタッキングできるというのが
けっこう助かっているのですよ。


大幅に価格改定しまして
なんとか継続をしております。

 

現在、スコープの価格は3,200円(税抜)。
スコープが取扱開始する前の日本売価は
5,900円と高額でした。その価格というのは
完全にバランスを欠いていたので
取扱開始前に、どうしても改定したかった。
マウスブローのグラスとはいえ型吹きです
から、少々高すぎるように感じたのです。
そこで交渉を重ね、メーカーにも協力して
もらい価格を大幅に改訂することに成功。
現地価格と同等の価格設定となりました。
ただスコープがクリアしなくてはいけない
条件も高い上に、それは毎年上昇傾向に
ありますから、ギリギリ設定できている
そんな状況にあります。多分、ここから
大幅に安くできる可能性は限りなくゼロに
近いです。そんな風なところです。

そして日本ではスコープ限定取扱です。
為替が大きく動けば価格改定をしないと
いけないギリギリ価格なのですが、
先を考えて余裕を見た価格はつけず
限界までいきます。スコープだけの事
だから、フレキシブルに行こう。
それがスコープ流、という事にて。

型は木型から金属型へと変更になりました。
元々金属型のような綺麗な表面でしたから
その差異を見つけにくく、一緒に使っても
気付かないレベルなのですが、木型の時には
表面よりアウトライン、その形に個体差が
みられたので、そういった差異が今後は
なくなります。ただかわらずマウスブロー
ではありますから、厚みの個体差は未だに
激しくあります。


ARCHITECTMADE (アーキテクトメイド)
Jorn Utzon (ヨン ウッツォン)


材質 寸法
寸法 約φ92xH80mm (飲み口 φ60mm) / 275ml / 約130g
生産 Made in Poland
備考 底にJorn Utzonのサインが刻まれています。
 
食器洗浄器

ARCHITECTMADE Spring

  • ¥3,200(税抜き)
  • 次回 入荷未定です