twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

Artek / Domus Lounge Chair

ドムスラウンジチェアを取り扱う
そこに至ったビンテージのはなし

フィンランドのヴィンテージ家具の中でも
特に珍しい物の一つイルマリ・タピオヴァーラの
ドムスラウンジチェア。ドムスチェア同様、
へルシンキにあるドムス・アカデミカ学生寮の
パブリックスペース用に1946年デザインされている。
当時は座面と背面を一体成型で生産する事ができず
背と座がそれぞれ分離していて、生産期間は
1946年から1950年頃。生産終了より50年以上が経過し
21世紀に入ってからフィンランドで生産が始まり、
その時に初めてオリジナルデザイン通り
背と座は一体の構造となり、タピオヴァーラの
理想形として完成に至った。

座面と背面が一体ではない点がビンテージの証。
とても惹かれてしまい実際に所有しているのだけれど
古い物だから持ってる物も、見た物も状態はよくない。
スツール60初期物の如く塗装が朽ちた物ばかりで
日用使いしようと思える、安心感ある物に出会える事
は、なかなか稀だ。

とはいえ、この椅子を日用使いしないで飾るのは
現実的ではないわけで、根気よく状態の良い
ビンテージを探すより、オリジナルデザイン通りに
完成した、現行のドムスラウンジチェアを手にし、
日用するのが現実的だというところに着地した。

丸みを帯びた形状の無垢材で組まれたフレームと、
成型合板の三次元立体成型で作られた座面。
長くないひじ掛け、大きく湾曲したカーブを描く
広い背と座面が特徴的な、ラウンジチェアである。

つまりヘルシンキのスタバでみた
仕様そのままなのです

ヘルシンキのスターバックスに現行ドムスラウンジが
たくさん置かれているのを見て、少々興奮してしまった。
ヘルシンキのスタバ、やる。なんとも、洒落ておる。

ヘルシンキスタバにあるドムスラウンジ

初めてドムスラウンジに座り、ラテを飲み、フルーツを
食べる。これを滞在中、頻繁に繰り返した。
これだけ多くに人が毎日、朝から晩まで使っているのに
ビンテージの如く朽ち果てた雰囲気はなく、
しっかりしていて、使い込まれ良い雰囲気を醸している。
そして、その座り心地はとても良く、時間も快適だった。

そんな理由で取扱いを決定したものだから
スタートは思い出のスタバと同じ仕様でオーダーした。
オークフレームに、革も同メーカーの同色グレー、
そこに僕好みのベージュを加え2色でオーダー。
革はかなりナチュラルな仕上げという事で、ロットに
より色差が大きい。スタバでは緑にみえたのだけれど
届いた物は遥かに濃く緑がかったグレーのよう。
ただ、これを使い込んでいくと色が薄れ、いつかみた
ヘルシンキのスタバみたいな色になるのだろうか。
メーカーは絶対同じだというので信じるしかなく
それが正解かどうかは、僕も使い始めだから何年も先に
しかわからない。ただ雰囲気はよく、満足しているので
問題ない。


使ってみてどうでしょうというところ
ドムスラウンジ

スタバで座ってみた頃から太り100kgを超えたので、
当時よりは少しばかりゆとりに欠ける印象がある。
そこで、スタッフそれぞれが使ってみての感想を書いたので
ご覧ください。もし、日本のカフェでドムス
ドムスラウンジを置いてみたい!というオーナーがいれば
お問合せを。(店名、URL、欲しい家具とその数量)
提供はできませんが、少し手頃には販売します。
加えて、こちらのページで紹介させていただきます。

コメント

酒井 / 女
身長160cm 体重49kg

靴を履いていない状態で座ると
足は床につかず、30分程じっと座っていると、
座面が大きく湾曲していうるデザインなので
太ももに圧迫感を感じる。

奥までちゃんと腰を入れて座ると、
背もたれが背中に超フィットするので
姿勢良く読書や新聞を読むのに背筋が伸びて
気持ち良い。テレビを見る、リラックスしたい時は、
クッションがひとつあると快適。
腰に入れたり、肘掛部分に添わしたりすると、
だらけ姿勢が程よくキープされて落ち着く。
映画を見るなど、長時間座る場合は、
ピルッカスツールを併用し足を投げ出すと最高。

コメント

松尾 / 女
身長159cm 体重 50kg台

座面が少し高めなので、脚を組むとちょうど
いい感じです。
お行儀は悪いですが、片足を座面に乗せて
その上にもう一方を乗せ、片側に肘掛に重心を
置いて座るのもいいなと思います。

体操座りもできるかな?と思いましたが、
座面のサイズ的にそれはできませんでした。

ふかふかのソファに座っていると
だんだん埋もれて姿勢が悪くなり
疲れてしまいますが、ドムスラウンジは
お尻のほうが膝より低い位置にくるので
背もたれにぴったりと沿うようにして座ると、
無意識のうちに体勢が変わってしまうことがなく、
変に疲れることはありませんでした。

コメント

花井 / 女
身長 158cm 体重50kg

足の長さからの感想は酒井さんと同じ。
深く座るとかかとが浮くので
無意識にオットマンに足を上げています。
花井の場合はオットマンマスト。
(ピルッカスツールがナイス)
オットマンを使い、腰にクッションを当てると
丁度良く体を預けられ長時間座っていられます。

足に加えて腕も短いので、体勢に
よっては肘掛も低めに感じる時がありますが
脇にクッションを抱えると調整できます。

というわけでオットマンとクッション2つ
は一緒に欲しくて、さらに贅沢を言うなら
シープスキンもかけたいです。

コメント

福井 / 女
身長153cm 体重42kg

完全に奥まで預けて座るともちろん、
足はつま先立ちですが
私の場合、大抵の椅子がそうなので、
ラウンジはむしろ低めで
足の高さは気になりませんでした。

深く腰掛けて頭まで完全に預けると
体型が合わないのでリラックスは
難しいですが、頭は付けず腰が固定される
位置で座るのがベストポジション。
足を組むと片足が安定して更によかったです。

皆さんの感想を読んでから
腰にクッションを試したら
快適度がさらにアップでした。

コメント

平山 / 男
身長165cm 体重65kg

姿勢良く深く腰掛けた状態で
足が床にぴったりと付きます。
背もたれと大きくカーブしたシートは
自分の体に合わせたかのように
すぽっと収まる感じです。

15分くらい行儀良く座っていると
体重のせいか太もも裏あたりが
ジーンとしてきたので、少し浅めに
座り直すと、足付きがさらに良くなり
肘の高さもちょうど良くなりました。

しばらくすると今度はお尻あたりが
気になり、再び深く座ってリセット。
この若干の姿勢変化の中でベスポジ探しを
繰り返していると、快適に座り続けること
ができます。

超浅く腰掛けても大きな背もたれが
体を支えてくれるので安心。
僕の場合、シートのくぼみにクッションを置き
スツール60をオットマン代わりに使うと
足がフラットになってとても楽でした。
ブランケットをかけると完全寝るモードに
突入してしまう心地よさです。

コメント

鈴木 / 男
身長167cm 体重60kg

座面先端が高く盛り上がっているせいか、
脚を伸ばして座ると太ももが圧迫される。
ただ、足を組んだり、足を伸ばさなければ
まったく気にならない。背が広く、肘掛があるおかげで、
いろんな体勢で座ることができるので、
疲れてきたら座り方を変えることができるので、
長時間座っても大丈夫。
クッションの硬さもソファのような、沈み込む
タイプより、僕はこれくらいが好みと感じました。

Artek (アルテック)
Ilmari Tapiovaara (イルマリ・タピオヴァーラ)

レフティ六寸皿

ドムスラウンジ オーク革張りは
1脚で3枚セットがもらえます

材質 本体 : オーク
背・座:オーク 成形合板 / 革張り
仕上げ : ラッカー塗装
寸法 W600×D710×H875mm
シート高 410mm / アーム高 560mm(フロアガード含む)/ 12 kg
梱包箱 : W730×D640×H910mm(1脚入)
生産 Made in Finland
  組み立て不要 完成品

Artek Domus Lounge Chair

  • Luxor Beige 004
  • Luxor Beige 004¥334,950(税抜き)
  • 5月25日 22:00 販売

  • Luxor Beige 005
  • Luxor Beige 005¥334,950(税抜き)
  • 5月25日 22:00 販売

  • Luxor Grey 004
  • Luxor Grey 004¥334,950(税抜き)
  • 5月25日 22:00 販売

  • Luxor Beige
  • Luxor Beige¥334,950(税抜き)
  • 11月上旬 入荷予定
  • Luxor Grey
  • Luxor Grey¥334,950(税抜き)
  • 11月上旬 入荷予定