twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋

2万円購入で
東屋キャンペーン

スコープで販売中の東屋の商品、合計20,000円(税込)購入につき1つ、薬味俎板 銀杏 正角をプレゼント。販売中のものとは材が違います。色々な木を皆が試してガッテン!俎板というのは材が違えば使い心地も様々ですから、色々変えて薬味俎板を作ってみようと思っています。好評であれば後々販売する可能性もありますが、現状を言えば材の調達も不安定ですから、当面ヒノキ以外はプレゼントのみとします。

薬味俎板 銀杏 正角

材質:銀杏
サイズ:W150×D150×T20mm
Made in Japan

*銀杏は油分を多く含んでいるので水はけがよく匂いが移りにくいです。また弾力があるので刃当たりも柔らかい。包丁にも人の手にも優しい使い心地ですから、是非この機会に試してみて下さい。

薬味俎板 銀杏 正角

東屋 ロゴ

https://www.azmaya.co.jp/

日本の財産ともいえる熟練した職人の技術を生かし、一貫したこだわりを持って作られる製品の数々は日本的な美意識を再認識させてくれるものばかり。東屋(あづまや)はそんな古きよき日本の「道具」を現代に蘇らせると同時に、今の生活にマッチした使いやすいデザインに改め、新しい日本の一面を教えてくれます。

東屋 / 急須・茶海

急須・茶海

日本茶だけでなく、紅茶や台湾烏龍茶にも使いやすい後手タイプ、蓋を押さえて、最後の一滴まで出し易い横手タイプ。茶海は大サイズが人気です。

東屋 / 汲み出し湯呑み・茶托

汲み出し湯呑み・茶托

お客様が招く予定があるならば、こんな湯呑みと茶托を準備して、イケてるおもてなしを。錫メッキの茶托は、使っていくといい雰囲気に変化してきます。夏場の冷茶にも使えるから、これから活躍します。

東屋 / 伊賀 土瓶・丸湯呑

伊賀 土瓶・丸湯呑

もっと気軽に日本茶を楽しみたいそんな方には、伊賀の土が優しい雰囲気の土瓶と湯呑みがおススメ。緑茶よりもほうじ茶、ごはんの後のお茶は欠かせない、そんな人はこっちのざっくり加減が、しっくりくるんじゃないでしょうか。

東屋 / 鉄瓶・鍋敷

鉄瓶・鍋敷

どんなお茶も、まずはお湯が大事。鉄瓶が溶け出したお湯で淹れたお茶はとてもまろやかで、体にも良いからお茶好きな人には一度試してほしい。熱い鉄瓶を置く、鍋敷も一緒にどうぞ。

東屋 / 米櫃

米櫃

防腐、防虫の効果がある桐材で作られた東屋の米櫃。この米びつは実に使いやすく、なにより気持ち良い。上蓋に付けられた引き戸はスーっと開き、ピタリと閉まります。上蓋が取り外せるので、間口が広くお手入れがしやすくお米の入れ替えもしやすい。ここ強調します。

東屋 / 飯炊釜

飯炊釜

伊賀の土を使い、伊賀の職人が1点1点手挽きで作った真面目で無骨な飯炊き専用の釜。専用だけあって、難しい火加減の調整はいらないし、吹きこぼれる心配もありません。少し慣れてしまえば、使い方はシンプルで、実に美味しいご飯が炊き上がります。

東屋 / おひつ 宮島

おひつ 宮島

木曽さわら柾目材で作られたおひつと広島県の宮島で2世紀も作り続けられている無塗装の木製しゃもじ。どちらも、これでなくては!と必須の道具ではないけれど、飯炊き釜を使いおいしくご飯を炊けたなら、揃えてみたい道具たち。まずはしゃもじからいかがでしょう。

東屋 / 米研ぎ桶

米研ぎ桶

美味しいご飯を炊くために専用の米研ぎ桶まで揃えた方がいいですよ。とは言いません。お米専用に取り入れる事を考えるより、野菜を洗ってつけておいたり、夏は素麺、寒い時期には釜揚げうどんなど、台所の基本道具として生活に取り入れてみるのが良いと思う。

東屋 / 衣桁

衣桁

寒くなってくると着る物が増えて家に脱いでかけた服が増えて夏と違って頻繁にどれもこれも洗うわけではないから、部屋の中にかけた服は日々増える。で、かける所も必要になってそんな時に東屋の衣桁は便利だなーとか思っちゃうんだけどどうでしょ。

東屋 / 鉤

じっくり時間を掛けて仕上げられた、物を掛けるための小さな道具、S字フックと呼んでしまうと、見えない角度からブーメランフックをお見舞いされそうなので、呼称は正しく。鉤「カギ」です。

東屋 / 踏み台

踏み台

東屋の踏み台が台所にある絵は様になる。脚立のような工具に近いものにはない品の良さがこの踏み台にはある。1.1kgと軽いので、女性でも片手で家中どこでも移動でき、実に使い処が多く、座るにも良い高さなのでキッチンではスツールとしても活躍。

東屋 / 姫フォーク

姫フォーク

どうして、そんなに、みんな、姫フォークを欲しいと思うのか。デザートフォークではダメなのか。それは、違うと感じる場面があるからなんだと思う。食後に果物を剥いて食べましょうと母親がお盆にナイフと果物をのせて運んできて、剥いたそばから食べる。そんなような事であったり、食べるものが日本的食材だったり、盛りつける器が和食器であるのなら、デザートフォークでは大きく、雰囲気にも違和感が生じてしまう。だから、そこは姫フォークがいい。

東屋 / 薬味俎板

薬味俎板

テーブルの上に果物が山盛りある。それをカットするには、薬味俎板がいいのです。加えましてタンカー2があると、ザックリ皮も放置できますから寒い季節は救われます。

東屋 / 丼鉢 薫

丼鉢 薫

丼鉢は波佐見の光春窯で手挽きにて作られていまして、愛用していると、型成型のどんぶりとは違った手挽きの良さ、お品というのをジワジワ感じます。小振りな割に寸胴な安定型で、手取りもよく、丼物もうどん、そばも家庭で広く使うに重宝するサイズをしています。

東屋 / お手掃き

お手掃き

これがなくては!という差し迫った状況でもなく、なかなか手がでにくかったのだけれど、消しゴムのケシカスを片付けることをきっかけに使い始めてみれば、実に丁度いい具合に使えた。花瓶周りに落ちた葉や花粉、小さな実のような落物、こぼれたコーヒーの粉、それから、愛用のノートパソコンに溜まった埃を掃き出すにもよかった。

東屋 / TANKER 2

TANKER 2

盆なんだけど真鍮盆のような上品な感じじゃなく工業製品的な、使いまくりなアルミ製で大きく深さのある軽い盆。食後の食器を一気に台所へ運べます。イタリアのバールで使われていた盆を日本の職人がアルミを使って作りました。スツール60と組み合わせて使うとナイス!

東屋 / カッティングボード

チーズボード、カッティングボード・チーズナイフ

いつの間にか、僕たちのテーブルに欠かせなくなったチーズボード。チーズだけじゃなく、サラミを切りながらつまんだり、いつも置き場に困るバゲットを並べたり、果物を切り分けたりと、皿とは少し異なる立ち位置において、多大なる存在感を放ってます。テーブルに木のものを混ぜるととても良い雰囲気だから、物足りない時はこれを持ってくる、それがお決まりになりつつあります。けどたまに、もう少し大きかったら、と思う。そんな欲張りなリクエストに応じ、東屋が特別に大サイズを作ってくれました。ただし、幅広の材があった時限定。チーズボード大より、二回り程大きいから、バゲットカットもしやすいです。

東屋 / 六寸皿 印判鳥獣五画

六寸皿 印判鳥獣五画

スコープオリジナル。凄く良い物が出来てしまった!柄が強くて使いにくい?と思いきや手にすれば、常に出動の日々。六寸(18cm)というサイズは常備菜的料理を盛り付け、食卓中心へってのも良いし、フライなんかの時、取り皿にも良いし、朝ごはんではパン皿としても秀逸。大皿に盛り付けたメインの料理があり、その周りを飾るように、いくつか別料理が盛り付けられた中皿がある。そこに抜群の威力を発揮します。

東屋 / コップ、ステム

コップ、ステム

いやいや宙吹きはいいですねぇ。愛用しているベルマンも東屋のコップも手によく馴染み重くもない。フル活用しても問題なさそうな、扱いに気を使わないでいい丈夫さがある。まさに日常使いの逸品だ。

東屋 / 折敷

折敷

「食べる分だけ載せる」 このミニマムさがいかにも日本らしい。そして猿山さんの無駄のないデザインがこの上ない品のよさを感じさせてくれます。東屋と猿山さんの黄金コンビが生み出すゴミにならない、品のある日用品シリーズとスコープ内ではグルーピングされています。少し木目が特徴強めな面々は個別で販売します。ご指名買いを希望の方は是非どうぞ。ただ数が少ないから本店のみ開催です。

東屋 / 腰掛け

腰掛け

狭い場所には奥行きの狭い家具。東屋の腰掛けは、腰掛けたい場所で腰掛けられる、腰掛けであーる。

東屋 / 茶箱

茶箱

先行して深さの浅い平型のみを取扱いしていたんですけれども深さの深い深型も追加できました。