twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

小 / 真鍮

小 / 真鍮

小 / 真鍮



東屋 / バンクトレー


家に帰ってきたら
ポケットの中はここへ出して下さい。


最近は銀行の窓口へ行き、
通帳と印鑑でお金を引き出すのは大変だと聞く。
だから、あの窓口で使われている、
皿状のトレイを使う人も少ないことだろう。
そもそも全く知らない人だっているかもしれない。
けれど、昭和世代の僕にとってはよく知った物で
置かれたお金や通帳、印鑑がこぼれ落ちなさそう、
置かれた物を取り易そうという独特な香り、
銀行で使われてる物という安心安定、そんながある。

その銀行のトレーを模して
真鍮を使い東京の職人の磨かれた腕により
ヘラ絞りで一つ一つ作り上げられていく
東屋のバンクトレーはシブイ。

何のために作ったのかといえば、
それは銀行とは全く関係がない。
外から家へ帰って来てホッと一息つく前に、
まずポケットの中身をジャラっと出す、
そんな場所にいいんじゃないかな?そこから始まった。
ポケットの中には小銭やら、鍵やら、レシートやら
色々とヤラヤラ入っている。それらをポケットに
入れたまま家で過ごすものだから、物がなくなり壊れ、
家具は傷つき、ジーンズのポケットにも穴をあける。
そして出し忘れて洗濯機に投げ込めば、物がどうという
事に加え、洗濯する者から激しい攻撃を喰らうのだから、
それは起こさないに越したことはない。

やはりだね、ポケットの中身は出そう。

そんな事にしたら実に具合が良い。それは長く試して、
気付けば日常化している僕が言うのだから、ナカナカ
間違いのない”便利”である。家に帰ってポケットの中を
出すと、領収証やら申訳ないけれども名刺が出てきたり
もする。デハと、それらを整理する。
酔っていて、その時にできなければトレーに置いたまま
にしておけばよい。で、週末にでも整理する。

余分な小銭はこのバンクトレーに置いていく。
なるべく小銭を使えるよう毎朝考えて調整するので
僕の場合はトレーに小銭があふれる事はない。
東屋の社長サンの場合はここに膨大な小銭が溜まって
いるらしい。貯金箱状態なのだろう。
庶民と剛毅な大物との差のようで面白い。

トレーの上には、小銭だけでなく名刺であったり
とれたボタンであったり、普段は使わないカードで
あったり色々と溜まるので、僕の場合は深い方を
選んで良かったと思う。でも、それは人それぞれ、
どちらが良いとは一概には薦められない。
それは自分のポケットの中と相談して決めて欲しい。

ポケットの中身を出す場所ができるのは良いことだ。
物が無ければまずはここを探すし、
アソコにあるから、とアソコで伝わる。
そしてポケットの中身は大事な物が多いのだから、
それこそ安心な場所に置きたい。
だからバンクトレー。家の中に出し入れ自由な
物の銀行が出来たようだと表現すると、大袈裟で
あって、うまいこといった!みたいになる。

東屋 (あづまや) /  バンクトレー

大 / 真鍮

東屋 (あづまや) /  バンクトレー

大 / 真鍮




使いどころ


デスクの上にこれがあれば、細々した物を綺麗に
まとめて置けるので整理になります。
仲の良いカフェオーナーはレジで使ってくれてます。
なかなか評判良いようで、これはなんですか?と
質問されるそうですが、見た通りのトレーです。
玄関に宅配便荷受け用のボールペンやシャチハタ、
カッターなどを置いておくなら浅い方でもよい。
レイディでしたらアクセサリー置き場にいかが?
ベッドサイドのメガネを置くにも良いでしょう。

とりあえず何かを置く場所。
そんな所にあてがうと良いバンクトレー。
とりあえず物を置くのだけれど、その置く場所が
とりあえずな物であると空間も日々も貧相になる。
そこに良い物を持ってきたらば
何もかもがうまく上品にまとまると、そんな事か。


 

東屋 (あづまや)
坂見工芸 (さかみこうげい)

 



材質 真鍮 / 真鍮、銀めっき
寸法 大 : 約Φ185×H25mm / 195g
小 : 約Φ170×H15mm / 150g
生産 Made in Japan

東屋 バンクトレー

  • 大 / 真鍮銀メッキ
  • 大 / 真鍮銀メッキ¥8,000(税抜き)
  • 大 / 真鍮
  • 大 / 真鍮¥6,000(税抜き)
  • 小 / 真鍮銀メッキ
  • 小 / 真鍮銀メッキ¥6,500(税抜き)
  • 小 / 真鍮
  • 小 / 真鍮¥5,000(税抜き)