twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

家での酒が、かなり美味しくなる。

レッドワイングラス


Holmegaard / ROYAL

ヤコブセンがデザインした椅子に座り
ヤコブセンがデザインしたグラスを手に
1960年のワンシーン


オシャレな場所には大体あるヤコブセンの椅子。
セブンチェア、アントチェア、グランプリチェア、
高く振れましてスワンチェアにエッグチェア。
そして大好きなエイトチェアについては、
僕も数脚ですがビンテージを持ってます。

そしてヤコブセン好きの聖地といえば
コペンハーゲン駅近くにある五ツ星ホテル、
SASロイヤルホテルといえるでしょう。

ヤコブセンの最高傑作といわれる1960年の建築物。
ヤコブセンのデザインはホテルだけにとどまらず、
家具、照明、カーペット、ドアノブ、蛇口、スイッチ、
カトラリー、テキスタイルと、あらゆる物に及びます。
ヤコブセンにより総括的にデザインされた
珍しい場所であり、ホテルで使われるグラスも
1980年頃迄はヤコブセンがデザインしたグラスが
使われていました。それが唯一のヤコブセンデザイン
なるグラスといわれてます。それはホテルのバーで
使われるだけでなく、客室のグラスにも使われ、
またショップでも販売されていたのだそうです。

でも、理由はわからないけれど姿を消してしまう。
そして2002年にヤコブセン生誕100周年を記念し
レッドワイン、ホワイトワイン、シャンパンの3種が
限定発売されました。僕の手元にあるワイングラス
はその時の物でして、ホルムガードを訪れた時、
お土産に戴きました。今も大事にしています。
それがキッカケとなり、復刻しようと事あるごとに
ホルムガードへリクエストをし、ようやく2016年、
ラインナップ豊富に発売開始と相なりました。

そんな経緯もあるからか、日本での販売は
基本スコープに限定となりましたので
それならばと僕らも現地価格とあまり違わないよう
価格面で努力してみることにしました。
グラス裏にヤコブセンのサインが刻印された
グラスシリーズRoyal。まずはヤコブセンファンに
広がっていくのだろうか。セブンチェアを
愛する人たちが、その椅子に座り、このグラスで
一杯やれば、1960年頃の世界が少しその場に
再現されるのだから、素敵な事ではないだろうか。

ビアグラス、シャンパングラス

レッドワイングラス

ビアグラス

ホワイトワイングラス

ポート / シェリーグラス



家でカクテル作るのはどう?
ジントニックなんて簡単だよ。


このグラス群を手にしてから酒への欲望がヤバい。
ビールを飲むワインを飲む、糖質を意識してか
ハイボールを飲む、それはまぁ普段であるけれど、
そこに加わったのがカクテル。
とはいえ、あらゆるカクテルを作れるようにと
お酒をフルに揃えるような青臭い事はしていない。
今はジントニックが面白い。色々なバーへ行き
その店のジンとトニックウォーターの組み合わせを
聞き、それを家で試す。そして好みに着地する。
今、気に入っているのはメイフラワー号がプリント
されたプリマスジンと、フィーバーツリーの
トニックウォータの組み合わせだ。これはパンチが
少し効いて僕好み。ヤコブセンの大き目グラスを
適当に選んで作る。なんだかシュワッとした飲み物
をマズ飲みたい、そんな時にはビールではなく、
こういった方向を選ぶのも新鮮で洒落ている。
まだこれからの話なのだけれど、何か一つ好みの
ショートカクテルを作れるようにもなりたい。
別にシェーカーを使わなくてもいいじゃない。
どこかでカチャカチャと混ぜて、それでいいと思う。
材料さえよく冷えていれば、それっぽくなるだろう。
自宅カクテルなんてのはその程度で十分だ。
材料に良い酒を選んでいれば、バー以外で飲む
カクテル以上には美味しくなるだろう。
そして案外、高い物にはならない。
このグラスが届いてから、そんな風にお酒の事を
考えてばかりいる。カクテルグラスでシャンパンを
飲むのも少し古臭くてカッコいい。また酒の事だ。


Holmegaard (ホルムガード) /  ROYAL

左:シャンパングラス
右:ビアグラス

ビアグラス

左:ビアグラス
右:シャンパングラス

シャンパングラス

左:ビアグラス
右:シャンパングラス



シャンパングラスで二層コーヒー
ビアグラスで超果実ジュース


これだけ色々なグラスがあってお酒だけってのも
勿体ないではないか。何か使い道ないだろうか。
そんな事を考えて、やってみようと思ったのが
インスタグラムで見た、二層コーヒー。
これをシャンパングラスでやってみた。
そして、事のついでに前々からバーでよく見る
カリブというサトウキビ100%シロップを使って
みたかったので、それも取り入れてみた。
牛の乳にキャリブを混ぜ、氷入りのシャンパーニュ
グラスに注ぐ。続き、精神を統一してコーヒーを
ソーーット注ぐのだが温かいと二層になりにくい。
子供には、カットした果物をビアグラスに沢山いれ、
そこへジュースを注ぎ超果実ジュースを作る。
超が付く理由は想像以上にフルーツを入れるから。
果物を食べやすいよう、Savoniaロングスプーンを
併せてみたら実に使い良かった。
この出し方が凄く気に入ってしまったから、
スコープに客人がやってくれば、問答無用で
二層コーヒーが出されている。甘いのは嫌いだから
ブラックで、なんてリクエストはナシにて。
様々なグラスを手にするのも楽しい事だけれど、
それを使ってお酒をどう楽しもうか?
お客にどう飲み物をだそうか?
どう使ってどう楽しもう?自分なりの生活の形を
生み出す事が醍醐味だろう。僕はそれが楽しい。




Holmegaard (ホルムガード)
Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン)


350ml缶を一本、美味しく美しく飲めるのは、レッドワイン or ビアグラス、どちらがオススメ?

350ml缶を一本、一番美味しく美しく飲めるのは?そのズバリは見てる所によるんじゃないかと思います。缶ビールがピッタリ入って気持ちいい!、缶酎ハイみたいなアルコール類を氷も入れてスッキリ入れたい!容量的なズバリとなれば、ビールには泡、他酒類には氷を入れたくなるので、350mlに対してかなり余裕ある容量のビアグラスがいいと思います。これなら泡や氷を含めても非常に良いバランスで、気持ちよく注ぎ切る事ができるでしょう。タイム&スタイルのYAEが350ml缶を泡までうまく注げるように作られてまして、容量が470mlです。対してROYALビアグラスは460mlですから、容量的にはほぼ同等で、同じように泡までスッキリ注げるでしょう。そして加えて形的にも口が広がっているのでジュースを出したりにも使え用途は広いと思います。でもYAEをお持ちであり、別の使い方をしたいわけでもないのであれば、既に容量的なスッキリを求める必要もない気がします。容量的なスッキリを目指すとそれはビアグラスを作る時に誰もが考えるポイントだから結果どれも似た所に向かい、普段から見慣れた容量なわけですから、使った時の新鮮さという部分に欠けます。ステムグラスでビールを飲むというのは、それなりに新鮮ではありますけれど。ただレッドワインの方が新鮮です。それで、僕はROYALのレッドワインが容量多めだからビアグラスにいいじゃないとなりました。獅子文六先生の好食つれづれ草の「ビールと女」という文章の中で、

女がビールを飲んだって、何も驚くことはない。犬がビールを飲んだのではあるまいし、少しも異とするに足りない。それを奇とする私が、時代遅れなのであって、ドイツの女は、水のごとくビールを飲む。家庭で飲み、ビア・ホールで飲む。イギリスの女も、軽ビールをよく飲む。もっとも、いわゆるパブなぞで、立ち飲みをしているのは、あまり体裁のいいことにはなっていないらしい。フランスの女も、ビア・ホールのない国だから、大ジョッキを抱え込む風体は見られないが、ちょっとキャフェで休んだ時に、一杯のボックを注文するのは、極めて普通の現象である。ボックというのは、大型ワイン・グラス一杯の量で、ご婦人向きともいえる。

ってのがあって、文章では量の話をしてるんだけど、そこからワイングラスでビールを飲むというのはいいかもしれないという所に至ったわけです。容量370mlだから350ml缶がスッキリ入りますか?という質問も良くいただくのですが、そんなスッキリ入る事は大事にしなくてもいいという見方もできます。使っていて洒落ていて気分がいい。それというのは美味しく美しく飲めるに近い気がします。370ml容量に350mlを入れるのだから、泡がほぼほぼ無い具合に注がないと入らないのは数字見ただけでもイメージできます。でも、いい具合に注いで余ったら、その場で飲んでしまえばいいんじゃない?とかそんな風に考えると物を選んだり使ったりにも幅が出来て良いですよ。そして僕はそんな方向がカッコいいと思います。何もかも完璧だと、それは実は普通でつまらないんじゃないかな?コメントを読んで気分を上げたいという所のみをピックアップすると、求める所は新鮮さであったり、雰囲気であったり、独自の飲み方というかスタイルであったりするんだろうから、僕はレッドワインの方がいいんじゃないかと、そんな事を思います。あとワインを飲むっていうのなら、なおさらレッドワインな気がします。

材質 ガラス
寸法 スナップス : 約Φ55×H70 (口径約Φ50mm) / 65g / 50ml
ポート / シェリー : 約Φ75×H105 (口径約Φ70mm) / 110g / 160ml
カクテル : 約Φ85×H140 (口径約Φ85mm) / 150g / 175ml
ホワイトワイン : 約Φ70×H125 (口径約Φ50mm) / 110g / 210ml
レッドワイン : 約Φ85×H150 (口径約Φ60mm) / 160g / 370ml
シャンパン : 約Φ65×H190 (口径約Φ50mm) / 160g / 240ml
ビア : 約Φ85×H170 (口径約Φ70mm) / 195g / 460ml
7p セット箱 : 約W655×D260×H100
生産 Made in Slovakia
備考
食器洗浄器
○ ※55℃まで

Holmegaard ROYAL

  • スナップスグラス
  • スナップスグラス¥1,500(税抜き)
  • ポート / シェリーグラス
  • ポート / シェリーグラス¥1,900(税抜き)
  • カクテルグラス
  • カクテルグラス¥1,900(税抜き)
  • ホワイトワイングラス
  • ホワイトワイングラス¥1,900(税抜き)
  • レッドワイングラス
  • レッドワイングラス¥2,200(税抜き)
  • シャンパングラス
  • シャンパングラス¥2,200(税抜き)
  • ビアグラス
  • ビアグラス¥2,200(税抜き)
  • 7pcs セット
  • 7pcs セット¥13,000(税抜き)
      ROYAL スナップスグラス
  • 2016-10-25
  • Holmegaard (ホルムガード) / (B) Royal スナップスグラス
  • 使用には問題が無い程度のB級品の為クリアランス価格での販売となります。
  • ¥1,500(税抜き)
  • ¥1,200(税抜き)
      ROYAL ポート / シェリーグラス
  • 2016-10-25
  • Holmegaard (ホルムガード) / (B) Royal ポート / シェリーグラス
  • 使用には問題が無い程度のB級品の為クリアランス価格での販売となります。
  • ¥1,900(税抜き)
  • ¥1,520(税抜き)
      ROYAL カクテルグラス
  • 2017-03-07
  • Holmegaard (ホルムガード) / (B) Royal カクテルグラス
  • 使用には問題が無い程度のB級品の為クリアランス価格での販売となります。
  • ¥1,900(税抜き)
  • ¥1,520(税抜き)
      ROYAL シャンパングラス
  • 2016-10-25
  • Holmegaard (ホルムガード) / (B) Royal シャンパングラス
  • 使用には問題が無い程度のB級品の為クリアランス価格での販売となります。
  • ¥2,200(税抜き)
  • ¥1,760(税抜き)