twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala /  Ateenan aamu (アテネの朝) iittala /  Ateenan aamu (アテネの朝)

iittala / Ateenan aamu (アテネの朝)

アテネの朝

Teema、Kartio
カイ・フランクのデザインした食器は
現在でも生産が続いていて
スコープ的生活の中心にあります。
そして、そういった実用的な道具以外にも
カイ・フランクは数多くの作品を残していて
ガラスのバードと吊り飾りの王様のような
Ateenan aamu:アテネの朝。
この2つの作品は僕の中で特別な所にあります。

カイ・フランク 1954年の作品
フィンランド名 Ateenan aamu
アテネの朝

ギリシャのことが好きだったカイ・フランクは
その国の美しさにインスピレーションを得て
フィンランドらしい作品を製作しました。

「アテネの朝」の名前の由来は
ギリシャの教会の鐘です。
この作品はガラスが風や空気の動きにゆられ
アテネの日曜の朝の鐘の音のように
柔らかな金属のような音を奏でる所にあります。

製作にはランプワーク(バーナーワーク)
という技法が用いられています。
ガスバーナーを使い
クリアガラスのチューブを部分的に熱し
十分に熱したチューブに
ガラス吹き職人が息を吹き込むと
熱された部分が膨らみ
「アテネの朝」が形作られていきます。

過去のプロダクションは
1954年-75年と1992年-94年の2回。
そしてカイ・フランク生誕100周年(2011年)
を記念しての今回の再生産が3回目となります。

もともとはイッタラのバードと
同じくフィンランドのヌータヤルヴィガラス工場で
生産されていましたが、今回の再生産は中国。
ですが、仕上がりは申し分ありません。
そして何より素晴らしいのは値段設定です。
当初の僕の希望価格は1本1万5千円でしたから。
3本買ってビンテージ1本分な感覚になってくれたら
と願っていたので、それを遥かに下回る
まさかのプライスですから何もいう事はありません。
何本も吊る事ができて本当に素晴らしいです。

とても美しいカイ・フランクのアテネの朝。
この作品をお手軽に自宅に取り込める機会は
そうそうないでしょうから
心惹かれた方は迷わず入手をオススメします。

  • 上部の拡大
iittala
Kaj Franck (カイ・フランク)
iittala /  Ateenan aamu (アテネの朝)

飾り方について

付属のテグス(釣り糸)を使って、天井やレールに取り付けます。
音を鳴らしたいとき:
それぞれの上端を揃え、できる限り近づけて吊り下げます。
音を鳴らしたくないとき:
それぞれの高さをずらし、離して吊り下げます。

オマケ

モビールほど軽くもなく、落ちたら危険な「アテネの朝」を安全に吊るすためのフックをオマケ!
吊り下げる場所がなくても、このフックを取り付ければ大丈夫。
天井への取り付け時は、硬貨やサインペンの底などでピンを押すと女性でも指を痛めず取り付けられます。
※こちらのフックは石こうボード専用となります。

iittala /  Ateenan aamu (アテネの朝)
材質 無鉛ガラス
寸法 約L610~635×φ65mm / 94g
生産 Made in China
備考 取り付け用糸 天井取付金具付属

iittala Ateenan aamu (アテネの朝)

  • 3pセット
  • 3pセット¥13,000(税抜き)