twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
鹿児島 睦 (かごしま まこと) /  スカーフ

 

鹿児島 睦 (かごしま まこと) / スカーフ


鹿児島睦さんのハンカチ人気は
本当に衰えない。

取り扱いを開始してから、
かなりの月日が経ちますが
常に売れ続けるアイテムの1つです。
確かにスタッフもほぼ全員持ってるし
手にしたくなるかわいさがあるもんな。
さすがだなー、なんて思っていたら
取引先さんから新たなアイテム、
スカーフの紹介がありました。

ハンカチと同じく、手彫木判による
ブロックプリントという技法を使った、
一つ一つ手作業でプリントされる
暖かいお花の柄です。
これは!やっぱり、かわいい。

一度洗ってふんわりさせた質感も
ハンカチとほぼ同じ。
柄はハンカチよりも小さくなっているから
スカーフとして取り入れやすくなってるな
って思います。

また、生地が薄くサラッとしているので
これはきっと真夏に重宝するであろうと、
そう予想しています。

強い日差しが気になる時、
はたまた冷房がきつくて寒さを感じた時、
このスカーフはとても使えるはず。

またスカーフという名前ではあるけれど、
大判の薄いサラッとした布、
そう考えると、その使い道が広がります。
大判のきれいな布は、一枚持っていると
色んな場面で使えるから、
本当に便利なんです。

私が良く使うのは、旅行のパッキング時。
上に被せてから閉じれば、
スーツケースの中で荷物が乱れない。
またホテルの部屋でスーツケースを
開けたままにしておく時も、上に被せると、
中のごちゃごちゃが見えなくていいです。
家の中でも、目隠し的に何かに被せて
使う事も多く、 お客さんが来る直前に
あっ!ここちょっと見られたら恥ずかしい!
って場所に気付いて、隠す(笑)。

ちなみに、 スカーフとして使う時は
パープルが落ち着いてていいかな?
そして家の中では、爽やかで明るいブルーが
とても映えて綺麗でした。
どちらも好みなんですけどね。

-------------------------------

このスカーフを見た時に
パリに住んでいた友達の
こんな話を思い出しました。

フランスは、気温が変わりやすい時期があって
そんな季節を上手に乗り切るのに、スカーフが
とても便利。それゆえにパリの女の子たちは
スカーフの使い方がとても上手なのだそうです。
寒さを感じたら肩からサラっと羽織ったり
首に巻いたり、ひざ掛けにしたり。
突然雨が降ったらキュッと頭に巻いたり。
多くの人が常にバッグに入れて持ち歩いている。

鹿児島さんの、このスカーフも、
季節の変わり目に バッグに入れておいて
サラッと使ってみたくなっています。
パリジェンヌのようにはいかないまでも。




鹿児島 睦 (かごしま まこと)
鹿児島 睦 (かごしま まこと)

 


材質 綿100%
寸法 約960×960mm
生産 Made in India

鹿児島 睦 (かごしま まこと) スカーフ

  • パープル
  • パープル¥5,000(税抜き)
  • ブルー
  • ブルー¥5,000(税抜き)