twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ


SCOPEとタオルのこと


タオルは大切だ。
手を洗い、顔を洗い、歯をみがく。
シャワーに入り、お風呂につかる。
1日に何度タオルを使うだろう。
そのタオルは洗濯したての清潔なもので、
手ざわりがよく、
薄すぎず、厚すぎず、ちょうどいい厚みがあり、
しっかりと水を吸うものでなくてはいけない。
ぼくは汗っかきということもあり、
シーツの上にタオルを敷くこともあるし、
ステージではかならず黒のタオルが手元にある。
家で使っているのは白のタオルだ。
今のお気に入りはMatteo社のRiviera Towel。
病気になる前は仕事やツアーでいつも旅をしていたので、
ホテルでも家でも同じ気分でいられるように、
Frette社のホテルシリーズのタオルも定番になっている。

commmonsと坂本龍一がなんでSCOPEと?
しかもタオル?

こう疑問に思ったSCOPEファンも多いでしょう。
ぼくもこの不思議な出会いに驚いた。
実はcommmonsの最強スタッフの1人、
スーパー・プロダクション・マネージャーの加藤が
SCOPEシャチョウと懇意にしているという。
さらに、NYの家で使っている物には
SCOPE on-lineで購入しているものがけっこうあると家人に言われた。
確かにSCOPEのHPを見ると、
いま自分のお尻の下にはSCOPEで入手したらしいシープスキンのChair Padが!

シャチョウの人柄もユニークだ。
commmonsもSCOPEシャチョウのような熱量で運営したいもんだ・・・と思ったり。

「SCOPEと何かできない?」(commmonsディレクター)
「タオルはどうでしょう?」(加藤)
「いいね!」(ぼく)
「シャチョウに話してみます」(加藤)
こうしてcommmonsとSCOPEのコラボ企画はスタートした。
SCOPEこだわりのタオルに
NYで使いやすいな〜と思っていたフック用のループをつけたコラボ・タオル。
このループにはRyuichi Sakamotoなどと入っているので
SCOPEファンには嫌がられるだろうか?
多少の心配はあるものの、
気持ちのいいグレー・グラデーションのタオルが完成した。
シャチョウがJonathan Barnbrookによるデザインの
commmonsロゴが大好きだとういう。
タオルをパッケージする袋にはこのロゴが一面に印刷されている。
なんかイイ感じだ。

音楽が売れなくなって久しい今、
でも、日々の暮らしに感度の高いSCOPEファンは
絶対に音楽も好きなはず。
気持ちのいいタオルを使って、
ぜひ音楽もたくさん聴いてください。


坂本龍一


コモンズとスコープのコラボ
坂本龍一さんのタオルを
スコープで作らせて頂く事となりました。


音楽レーベルCOMMMONSとSCOPEのコラボ。
坂本龍一さんのオリジナルグッズに
スコープのハウスタオルを選んで頂きまして、
坂本教授用ハウスタオル特別版を作りました。

もともとは坂本龍一さんが所属するレーベル、
コモンズのスタッフの皆さんが、
スコープの選ぶ物、作る物を気に入ってくれて、
何年も前から利用してくれていた事が
全てのきっかけだと思います。

コモンズでは坂本龍一さんのコンサートやイベント等で
販売するアイテムを、よくあるコンサートグッズ
ではなく、ご本人が日々愛用している物に
していきたいという思いがあるとのこと。そこで、
スコープのハウスタオルに白羽の矢が立ったのです。
これはつまり坂本教授がスコープのものを実際に使い、
気に入ってくれているからのお話。
こんな光栄な事はなく、奇跡のようで嬉しい。
大好きだった先生から褒められるような得意な気分。
お店も長年続けると、良いことが起こるものです。

というのも、僕にとって坂本教授は、
ただの有名人ではありません。
初めて買ったアルバム(カセット)は
なにを隠そう坂本龍一《音楽図鑑》でして、
その中でもSELF PORTRAITは
一生で一番聞いてる曲だと思います。
受験を始め緊張する時には常にそれを聞き、
心を落ち着かせるという習慣が備わっています。
僕の人生にずっと流れてる曲を作った方、
僕にとって坂本教授とは、そういう人なのです。
そんな方から声をかけて貰えたのだから、
そんな嬉しい事はないです。

坂本教授用ハウスタオル特別版。
といってもロゴを入れるだけなんて、
そんな簡単な事ではございません。
色は坂本教授好みのグレー3色、
細部もカスタマイズでハウスタオルのアイコン
ともいえる四角い穴は、ナント無し。
タグも特別版で、いつもの位置ではなく、
フックにかけ易いようにと長辺センターへ。
そんなリクエストが降り積もっていくと
あれよあれよとハウスタオルの面影が
なくなってない?大丈夫?と心配になっていく。
ひょっとして、教授用のタオルを新しく作った
方が良いのでは?なんていう思いが芽生えた
瞬間も正直ありました。

でも、タオルのスペックは共通ですし、
タオルが積んである姿、洗ったり干してる時も
気持ちよく綺麗に見えるという、
同系色グラデーションというコンセプトは
完全にキープされているので、
出来上がったタオルはハウスタオルでした。
今回の件で僕の頭も少しほぐれ、柔軟になり
かなり良い経験となったようです。

一番苦労したのは色決め。
坂本教授といえばグレー。青みがかったグレー。
そこを合わせるのに非常に苦労してしまった。
タオルの色決めについては定番と同様、
デザイナーの鈴木マサルさん協力です。
本当は、完成したサンプルより、
少し青みを強くして欲しいとリクエストを
頂いたのですが、少しというのが実に難しい。
グレーというより青になってしまう。もし、
試作はできても同じ色を再現するのも難しい。
色ブレも激しい、ということが発覚しまして、
この微調整はギブアップしました。
タオルの色目を出すのは、本当に難しいです。

と、ここまでやると完成度をより高めたくなる
ものでして、パッケージもコモンズバージョン
にしたくなる。しかし生産に必要な枚数1万。
ん~、凄く多い、と思いながらも
ここは作りましたよ。そうしたかったので。
コモンズロゴで埋め尽くされたパッケージ、
やはり、これはかっこいい。
洒落たロゴがうまくはまったと思います。

価格はスコープのハウスタオルと同じ。
どんな条件でも良いので、価格については
スコープのハウスタオルと同じにしたいという
コモンズ側からのリクエスト通りにしました。
コンサートグッズ=ドル箱というのは世の印象
ではありますが、そこをあえて、条件悪くても
良いから売価を抑えていく方向とは。
そんな事が、こういった華やかな世界でもある
ものなのだと正直驚きました。
ハウスタオルを卸するなんて
全く想定もしていなかった事だから、
価格を上げないと成り立たないのですけれども。
更にはスコープでも販売していいという事となり、
もう至れり尽くせりですいません。結果、
僕らも条件を良い方向に変更して提案するという、
あまり経験のない流れとなりました。

さてさて、そんな流れのなか
坂本龍一さんのハウスタオル特別版が
まずスコープにて販売となります。
少し変な流れではありますけれども
スコープから発売です。そして2015年8月には
ワールドハピネス(フェス)で販売されます。
その後は坂本龍一さんのコンサートやイベント会場でも
販売されます。今の所、終わりは決まってま
せんので、当面続いていく事でしょう。

是非グレーのグラデーション
新たな展開、ハウスタオル特別版。
今までの2色とは違ったセンスの色目ですから
これは人気が出るとおもうな。


定番と特別版の違いを念のため解説
・house towelタグではなくRYUICHI SAKAMOTOタグで
 取り付けの位置は長辺の中央です。
・特別版には長方形の刺繍穴がありません。

材質 インド綿シャンカール(中長綿)
寸法 フェイス 約1000×340mm / 約130g
ミニバス 約1000×630mm / 約235g
バス 約1300×630mm / 約300g
生産 Made in Japan
備考 ジッパー付ビニール袋入り
    • ファブリック製品について

SCOPE house towel 坂本龍一 特別版

    フェイスタオル

  •   house towel 坂本龍一 特別版 ペブル ペブル
      house towel 坂本龍一 特別版 アッシュ アッシュ
      house towel 坂本龍一 特別版 スレート スレート
  • ¥1,200(税抜き)

    ミニバスタオル

  •   house towel 坂本龍一 特別版 ペブル ペブル
      house towel 坂本龍一 特別版 アッシュ アッシュ
      house towel 坂本龍一 特別版 スレート スレート
  • ¥2,300(税抜き)

    バスタオル

  •   house towel 坂本龍一 特別版 ペブル ペブル
      house towel 坂本龍一 特別版 アッシュ アッシュ
      house towel 坂本龍一 特別版 スレート スレート
  • ¥2,700(税抜き)