twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Clothes Dryer

SIDE BY SIDE / Clothes Dryer

頑張って使ってみる。

住んでいる物件のルールで
ベランダに洗濯物を干す事に制約があったり
布団は干す事が不可だったり
制約がなくても外から見える場所に干したく
ない場合もある。雨の日も困りますね。

そんな時には折りたたみの物干しがあると
便利なのですが、なかなかこれだという物に
出会えるものではありません。

それで辿りついたのが
ドイツのブランドSIDE BY SIDEの物干し台

障害者工房と一般工房を組み合わせ
非常に機能的でハイレベルな日用品を
作り出しているブランドで
何年も前からこの物干し台も含め
知ってはいましたが、サイズ感に圧倒され
使ってみるには至りませんでした。

そんなある時
この物干し台を使ってる知人から

確かに大きいけど、何とか使えそうなら
頑張って使ってみたら。絶対気に入ると思うよ。
布団も干せちゃうし。
使っていくと手放せなくなるよ。

そんな話を聞いて単純に使い始め
アッと言う間に手放せなくなりました。
今は無いと正直とても困ります。

これだけのサイズがあれば
家族四人分の洗濯物も干す事ができます。
サイドは小さな物やフェイスタオルを
中央にはバスタオルやシャツやTシャツなどを
干して毎日使っています。幅の感覚も調度良い。

また布団を広げて干すことができるのは大きい。
ベランダに布団を干すことを禁止されているので
非常に嬉しいポイントです。

無塗装のアッシュ材で作られた物干し台
折りたたんだ姿も綺麗で気に入っています。
なんとか広げて使えるようなら是非。
本当にオススメの物干し台です。

そうそう、折りたたみ方をよく理解しないまま
勢いよく折りたたむと指を挟みます。凄く痛い。
使い始めの折りたたみにはご注意を。

  • ロープ
  • 脚のクロス部分。
  • 丁寧な加工

占有面積が小さいパパ

ギャグのような流れですが
「Mama」に追加して
登場した「Papa」。

背は「Mama」よりノッポになりますが
使用時の占有面積が約77cm×59cmと
「Mama」の半分以下になるので
設置スペースにあまり余裕がない場合は
コンパクトな「Papa」がオススメ。

天気の悪い日の室内干し用や
お洗濯物の量が少ない時は
「papa」が使いやすいです。

タオル類は上部には干しやすいですが
下部に行くほど高さが足りなくなるので
靴下やハンカチなど小物を干すと
良いと思います。

  • ロープ
  • 脚のジョイント部分。
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)
Factor Product
ヴェンデルシュタイン工房
材質 本体:アッシュ無垢材 (無加工)
ロープ:ビニールコートロープ
寸法 Mama:
開いた状態(使用時)W1800×D634×H942mm / 約5.3kg
折り畳んだ状態(収納時)W634×D125×H1390mm
Papa:
開いた状態(使用時)W765×D590×H1300mm / 約4.2kg
折り畳んだ状態(収納時)W590×D65×H1580mm
生産 Made in Germany
備考 取扱説明書付属
ダウンロードはこちら
  < 組み立て不要 完成品 >
  • 屋外で使用される場合は必ず雨や水が直接かからない場所でご利用ください。天然木を使用しているため変形する恐れがあります。
  • < 木製品について >

SIDE BY SIDE Clothes Dryer

  • Mama
  • Papa