その他の壁について


プロにお任せするのが安心
個人ではハードル高すぎな壁

コンクリート壁

取り付ける場合は穴を開ける専用工具やアンカー(Fischer社製ナイロン製アンカー推奨)が別途必要となります。個人では難しい作業となりますので、お近くの工務店やリフォーム店にご相談されることをおすすめします。


※参考のためリフォーム店に問い合わせたところ、作業の程度にもよりますが、1セット1万円~1万5千円ぐらいで設置していただけるようです。ただしマンションなどでは共有部分となるコンクリートへの穴あけは禁じられている場合がほとんどですので購入前に確認を済ませましょう。

タイル貼りの壁

こちらも専用の工具やアンカーが必要となります。取り付けできるかどうかは下地の状況にもよりますので、購入前に工務店やリフォーム店などにプロの方ご相談されることをおすすめします。


取り付けNG!
なんともならない壁

薄いベニヤ貼りの壁

軽い手ごたえで最後まで刺さるがピンに白い粉が付かない、ピンを刺した時に「メリッ」っと音がしたり、刺した状態で上下左右にピンが動く場合は壁が薄いベニヤ板の可能性が高いです。この場合は強度不足で取り付けができません。

石こうボード直貼りのコンクリート壁

どこを刺しても途中で止まり、それ以上全く刺さらずピンに白い粉が付く場合はこのタイプ。コンクリートと石こうボードに隙間ある場合が多く、コンクリートに穴を開ける方法では付属のネジの掛が浅くなるため取り付けを避けたほうが無難です。

砂壁・土壁・繊維壁

昔ながらの壁で触るとザラザラ、ポロポロする壁はこのタイプ。付属のアンカーが機能しないため取り付けできません。