twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Artecnica (アーテクニカ) /  Garland

Artecnica / Garland

花や葉の形が細かくくり貫かれた
メタルシートをツルが絡まるように
電球にぐるぐると巻きつけ完成する、
トード・ボーンチェデザインのランプシェード
「Garland・ガーランド」。
見ての通りとても繊細なランプシェード。
オブジェとして楽しめることはもちろん、
あかりをつけるとメタルシートに光が乱反射し、
高級なシャンデリアにも引けを取らないくらい美しく、
エレガントで暖かな光を提供してくれます。

初めて「Garland」を雑誌で見かけたのは
2003年の夏ぐらいでしょうか。
この常識破りなアイデアと
アールヌーヴォーにも通ずる
有機的なデザインに
scopeスタッフは一目惚れ。
「これは何が何でもscopeで販売したい!」
と真剣に考えたのですが、
実はこの「Garland」は元々、
ヨーロッパを中心に世界的な店舗展開をしている
インテリアショップ、Habitat(ハビタ)が、
過去にボーンチェ氏が発表した
「Wednesday」という作品を元に商品化したもので、
これはさすがに取扱い不可能か・・・
と半ばあきらめかけていました。
しかし、当のHabitat社では3万個を
1週間で完売したとか、
2003年10月に国連大学にて行われた
「Great Brits展」において
数量限定で販売されるも即完売してしまった
などという話を聞くと
社内での"欲しい熱"だけはどんどん加速・・・。
悶々とした気持ちのまま時が過ぎていったのであります。
それから待つこと約1年。
ようやく日本でも「Garland」が入手可能になりました。

一時はHabitatに直接行って買ってきてもいいからやりたい!
とかなり本気で考えていたscope。
いろんな背景があるだけに、
取扱いが開始できただけでも嬉しい限り。
「Garland」は雑誌等にはちょくちょく露出していたので
気になっていた方も多いのではないでしょうか。

これほどにアーティスティックで
クラフト感溢れる作品を見事製品化したことに、
心から拍手を贈りたいぐらい
scope一押しのプロダクトです。
本体のメタルシートと
電球・電装品は別売りとなっていますので
既に電装品をお持ちの方は本体のみ購入すればOK。
メタルシートは切り離すと1本のツル状になりますので
誰でも簡単に楽しみながら
自由にシェードを形作ることができます。
ちなみに「Garland」とは日本語で「花輪」のこと。
毎日の何気ないあかりをもっともっと楽しむきっかけに。
繊細かつ大胆に表現された
「Garland」をぜひご堪能ください!

*Garlandはシートを2枚使用し、
形にボリュームを持たせることも可能です。
(本ページ上の画像はそれぞれシート1枚を使用しています)

  • サイン
  • 葉
Artecnica (アーテクニカ)
Tord Boontje (トード・ボーンチェ)
シート

縁のランナー部分をハサミやニッパーを使い切り離すと、一本の植物のツルのようになります。
花や、葉の細部まで加工が施されていて、スイッチを入れるとなんとも言えない陰影を作り出します。
シートサイズ:W575×H395mm

組み立て

  • はさみでカット

    1.ランナーから本体を切り離します。他の葉を一緒に切らないように注意!
    一度切り離してしまうと、取り付けたい場所への移動がしにくくなるので、パッケージや、ダンボールシートの上で作業すると移動が楽ですよ。

  • ソケット

    2.切り離したら、天井に設置したソケットに、Garlandを取り付けます。0.2mmの真鍮板なので、ぶら下がった状態でも乱暴な扱いをしなければ折れたり、まがったりする心配はありません。

  • 巻きつけます

    3.シェードの上の部分にボリュームを持たせながら、ふんわり、軽く垂らすように巻くときれいに仕上がります。一度に全部巻いてしまうより、、全体のバランスを見て修正を加えながら少しづつ巻いていく方がきれいに巻けます。

  • デコレーション

    4.形がきまったら、最後にきれいに花や葉をねじったり、折り曲げたりする事で、全体に立体感をだすことができます。じっくり丁寧に作ると30分程度かかりますが、きっと満足のいくすてきな照明が完成しますよ。

One Point

巻きつけます

初めて組み立てると、どうしたらきれいに組めるのかちょっと分かりにくいんですが、まずは、組み立て方3.のところに書いた通り、ソケットのまわりに基礎を作るつもりで巻き、3~4周巻いたところで一度休んで、全体を見ながら、バランスを調整してください。あせらずに、ゆっくり全体を見ながら作るのが一番のコツ。どうしても引っ掛ける場所がないときは、左の写真のツルの部分を使うと便利。いろんなところに引っ掛ける事ができます。

ライティングレール(ダクトレール)への取り付けは出来ますか?

現在スコープで販売しています照明は、全て引っ掛けシーリングですのでライティングレールへ直接取り付ける事はできません。とはいいましても、パーツを一つ間に挟むだけで取り付けできますからレールへ引っ掛けシーリングの照明を取り付ける事は難しいことではありません。≪レール用の引っ掛けシーリングプラグ≫というパーツを、ホームセンターやネット通販で入手して下さい。それで取り付けは可能となります。

照明のコードの長さを調整する事は出来ますか?

照明本体のみでのコードの長さ調整はできません。
電気店でぴったりの長さにコードを切ってもらうか、「コードリール」や「コードハンガー」を使って、長さ調整可能です。「コードハンガー」を使って、&Tradition スピニングライトを設置してみましたので、こちらの記事も参考にしてください。他の照明にも応用できると思いますので。

ペンダントライトの吊るし方、とヒント 【 Spinning light編 】

照明でLED電球は使用できますか?

LED電球は消費電力が非常に少ないので、一番明るさのある100W相当も使用可能です。

今我が家に付けているのがシーリングライトなので部屋全体を照らせるようにはなっていますが、天井にペタっとついているのでなんか物足りない。
そこで我が家の照明をペンダントライトへ切り替える、そんな時の明るさを妄想すると、

○リビング/ダイニング
リビング/ダイニングは過ごす時間が長い場所。明るさも欲しいが、明るすぎても疲れてしまうので、100W相当の電球色か、自然な白の昼白色を選択しますが、元々ダウンライトが付いていたり間接照明がある場合には、60W相当のものに落としても、十分明るさは確保できると思いますね。

○寝室
明るさは必要ないので、落ち着いた明るさで40W~60W相当の電球色(オレンジ色)がいいですね。
あとは床置きの間接照明で調整すれば必要な明るさは確保できます。

○子供部屋や作業部屋
長時間いるわけではないのですが、勉強時や作業時に電球色だと見えづらいというのがあるので、昼白色または昼光色の100W相当を選択します。もし手元が暗い時にはスタンドもあわせて使用すれば問題なしですね。

※現在弊社で販売中の照明はどれも不透過のシェードとなりますので、どうしても天井側は暗くなってしまい、光が届かない場所が出てしまいます。暗いなと感じられる際には間接照明を用いると足りない部分も照らせる事ができます。


あとは口金サイズですが、スコープで販売している照明のほとんどは口金/E26なのですが、waft ペンダント 真鍮だけが口金/E17となりますので、こちらをお持ちの際は口金サイズにご注意ください。

材質 スチール
寸法 パッケージ : W415×H595×T3mm
本体サイズ : W575×H395×T0.2mm
完成後の本体サイズ目安 : 約300×350mm(組み立て方により異なります)
ソケットコード長 : 1m
生産 Made in Finland
備考 本体 : 組み立て式 / 日本語組み立て説明書付属 / ソケット・電球別売り
ソケット : 引掛シーリング / ON・OFFスイッチ無し / 使用可能電球 E26 白熱球で60Wまで
電球 : E26 ボール型 白熱球(クリア) 40W
  < 組み立て必要 30~60分 >
< 照明器具について >
  • 吊り下げ専用の照明です。照明として床や壁に取り付けはできません。

Artecnica Garland

  • 電球 40W
  • 電球 40W¥450(税抜き)
  • SOLD OUT
  • 販売終了致しました

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  •   Garland ソケット ホワイト 1m
  • ソケット ホワイト 1m
  •   Garland ブラック
  • ブラック
  •   Garland ゴールド
  • ゴールド
  •   Garland ラストスチール
  • ラストスチール
  •   Garland シルバー
  • シルバー
  •   Garland ホワイト
  • ホワイト
  •   Garland ソケット ブラック 1m
  • ソケット ブラック 1m